社長ブログ

高田組HOME > 社長ブログ

金沢工業大学で特別講演を行いました。

2018/07/24

723日に当社専務が金沢工業大学 環境建築学部 環境土木学科の1年生98名に特別講演を行いました。
その中で、「土木」は社会に役立つことであるとか、非常にやりがいのある職業であるということを、専務の技術者としての経験談を含めて90分に渡り講演しました。受講された皆様が数年後、人生を左右する就職活動をする際、この話を思い出していただき、優秀な土木技術者として未来の建設業を担っていただけることを期待しています。

 P7230005-hp

 
P7230001-hp

 

富山河川国道事務所長 優良工事表彰を受賞しました。

2018/07/23

平成30年7月23日、平成30年度富山河川国道事務所 国土交通事業関係功労者等表彰式において、「神通川・鵜坂護岸その6工事」が優良工事表彰を受賞しました。

IMG_1905-hp 
  この工事は、当社が初めて現場見学会を行い、担当技術者にその年新卒採用した18才の若手技術者を配置し、工事のホームページを開設する等、初めての試みが多い現場でした。ホームページ内の「新入社員のつぶやき」は、社内外問わず好評でしたし、当社の試みが評価され、受賞に繋がったこと、社員一同大変喜んでおります。

平成30年度国土交通大臣表彰(建設事業関係功労)を受賞しました。

2018/07/20

建設事業の発展に尽くした個人や団体をたたえる建設事業関係功労者等国土交通大臣表彰式において、国土交通大臣表彰(建設事業関係功労)を受賞しました。
この賞を受賞できましたのは、皆様方のご指導とご鞭撻の賜と厚く御礼申し上げます。
CIMG5997-hp
IMG_1294ーhp

【富山工業高等学校】高校生のインターンシップを受け入れしました。

2018/07/13

 建設業の魅力・建設業の役割を理解してもらい、一人でも多くの若者が建設業に携わって欲しい。と、毎年、高校生のインターンシップを受け入れしています。
今年は、平成30年7月9日~11日にかけて、富山工業高等学校 土木工学科の生徒さん2名を受け入れました。

【1日目】
  ・土木についてのオリエンテーション
  ・測量実習
【2日目】
  (午前)猪谷地区道路改良工事 現場見学
      ☆卒業生でもある先輩技術者から、工事概要の説明を受けました。
KSI01081-hp      ☆休憩を兼ね、当現場の監理技術者と先輩技術者とお話タイムです。KSI01077-hp

  (午後)富山跨線橋拡幅その3工事 現場見学
             051-hp      ☆卒業生でもある先輩技術者から、工事概要の説明を受けました。 048-hp【3日目】
  H30 真川第3号砂防堰堤工事 現場見学
      ☆先輩技術者に教わりながら、自動追尾測量をしました。KSI00496ーhp
      ☆常願寺川湯川谷流域(立山カルデラ)における高低差日本一の白岩砂防堰堤を見学しました。
     
RIMG0007ーhp

【高岡工芸高等学校】高校生のインターンシップを受け入れました。

2018/07/13

建設業の魅力・建設業の役割を理解してもらい、一人でも多くの若者が建設業に携わって欲しい。と、毎年、高校生のインターンシップを受け入れしています。
今年は、平成30年7月4日~6日にかけて、高岡工芸高等学校 環境土木科の生徒さん3名を受け入れました。

【1日目】
  ・土木についてのオリエンテーション
  ・測量実習

R0018965ーhp

R0018968ーhp

   【2日目】
  (午前)富山跨線橋拡幅その3工事 現場見学
  ☆卒業生でもある先輩技術者から、工事概要の説明と、ドローン操作を教わりました。  DJI_0091ーhp

  ☆昼食タイムでは、部活動や先輩の経験談の話で盛り上がりました。

016ーhp

 

 (午後)猪谷道路工事 現場見学
  あいにくの雨になりましたが、大型ブロック積みを見学しました。KSI009788-hp

今年の現場実習は、土木についてのオリエンテーション・測量実習と、昨年と今年の4月に入社した先輩がいる現場に見学に行き、話する機会を作りました。

 

 

 

神通川堤防一部欠損箇所の緊急復旧作業を行いました。

2018/07/12

 平成307613:40に出動要請を受けた富山市葛原地先における神通川堤防一部欠損箇所の緊急復旧工事は同日19:10に着手し、作業初期は水位も高く一時作業を中断したこともありましたが、24時間体制で作業を進め71118:30に無事完了いたしました。
  高田組の力だけではこれほど短期間に作業を完了させることは困難でした。週末・24時間体制という悪条件にもかかわらず、多くの協力業者の皆様のお力添えがあったからこそこの時を迎えられたことだと思います。

  土工事      :アール・タチバナ
    土砂・ブロック運搬:富山ミナト運輸
    クレーン作業   :米原商事
    鉄板リース    :河上金物
    交通誘導     :パトロード富山

他にも、
    照明車      :藤川建設様・新栄建設様
    袋詰玉石     :水新建設様
    大型土嚢     :松原建設様

等、様々な方からのご協力とご支援があったからこそ、人命にかかわる災害となることなく短期間で、地域の皆様の安心・安全を保てたものだと考えています。本当にありがとうございます。そしてこの達成感をすべての関係者と分かち合いたいと思います。

 最後になりましたが、的確なご指示をいただきました富山河川国道事務所や有沢出張所の皆様に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。
                      【復旧前】DSC_1542
  
                      【復旧後】       DSC_1551

 

ページの先頭へ