社長ブログ

高田組HOME > 社長ブログ

茨城県常総市へ9月14日~17日まで排水活動に出動!!

2015/09/18

茨城県常総市を中心とする豪雨災害により、被災された皆さまに謹んでお見舞い申し上げると共に、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。
広域防災協定を締結している富山県建設業協会会員の建設会社がチームを組み、排水ポンプの設営・運転等の作業を24時間体制で実施しています。水が引かないと復旧作業も難しいため、二次災害に注意しながら作業を継続しています。

 

金沢工業大学×高田組 現場見学会を行いました。

2015/09/16

ふだんあまり目にすることがない砂防工事現場を見学し、実体験することで、建設業の魅力・建設業の役割を理解してもらい、一人でも多くの若者が建設業に携わって欲しい。と、願いを込め、現場見学会を行いました。

平成27年9月14日、金沢工業大学 宮里教授と、環境・建築学部 環境土木工学科の皆さんを、堂口専務(平成11年金工大卒)が立山カルデラにご案内致しました。

【日程】

10:30 亀谷料金所集合・出発

11:30 当社施工の真川砂防堰堤工事現場に到着。

現場代理人 野原(平成24年金工大卒)から、工事の説明がありました。

 

12:30   水谷平到着/昼食:宿舎でお弁当を頂きました。  

 

13:00~13:30 立山砂防事務所 水谷出張所長様から、立山カルデラからの土砂流出を防ぐために造られた湯川流域、白岩砂防堰堤の重量性・歴史的価値について教わりました。

 

13:45~14:15 丸新志鷹建設㈱施工の砂防堰堤工事を見学し、コンクリート打設を体験させて頂きました。

 

14:25~14:40 新栄建設㈱施工の法面工事を見学し、危険性と重要性を教えて頂きました。

 

15:10~15:30 ダイチ㈱施工の落石対策工事を見学し、リングネットのしくみを教えて頂きました。

 

17:00 亀谷料金所到着・解散

 

☆現場見学会を終えて☆

3月から企画していた今回の現場見学会。

当日は天候にも恵まれ、無事開催することができて、関係者一同ホッとしています。

参加して頂いた学生から、「貴重な体験ができ、今後の人生設計に役立てたい。」、「本でしか見たことの無かった立山砂防の施設を間近で見れて、感動した。」等のご感想を頂き、企画した私といたしましても、現場を体感したことで、建設業の仕事ややりがいについてイメージすることができ、『やって良かった』と思いました。

最後になりましたが、現場見学会の実現に向け御尽力頂きました、金沢工業大学の宮里様、福光様、宮村様、誠にありがとうございます。

また、御多忙の中、施設説明をして頂いた水谷出張所 大井所長様、現場体験・説明をして頂いた、丸新志鷹建設㈱の笹岡様、村山様、新栄建設㈱の唐島田様、ダイチ㈱の女川様、誠にありがとうございます。

この場を借りて御礼申し上げます。

ページの先頭へ